本吉唐桑商工会
ホーム > 唐桑/観光
 
 観光 唐桑
■ 自 然 名 所
陸中海岸国立公園 唐桑半島 陸中海岸国立公園 唐桑半島

気仙沼市唐桑町は宮城県の最北東端に位置し太平洋に突き出た小さな半島です。町の三方は海。太平洋側は陸が豪壮な断崖となって急激に海に落込むリアス式海岸。
それに反して、内湾側は波ひとつ立たないおだやかな自然の入江が続いています。浜の数は東日本一を誇りタブの木が群生し、椿の花が咲き乱れるほど気候は温暖です。


巨釜・半造(おおがま・はんぞう) 巨釜・半造(おおがま・はんぞう)

唐桑半島中部東側一帯の海岸線は、巨釜半造とよばれ、巨石、奇岩が連続するすばらしい景色が見られます。

▲ページトップへ

折石(おれいし) 折石(おれいし)

巨釜にある折れ石は、高さ16メートル、幅3メートルの石柱で、明治29年の三陸大津波のとき先端が2メートルほど折れたことからこの名が付いたと言われています。

▲ページトップへ

大理石海岸(だいりせきかいがん) 大理石海岸(だいりせきかいがん)

唐桑町の北端、岩手県と宮城県の県境にある大理石海岸は国道45号に面しており、海の青と白い大理石のコントラストは絶景、また良質の大理石は東京三越本店でも使用されています。

▲ページトップへ

九九鳴き浜(くくなきはま) 九九鳴き浜(くくなきはま)

長さ230m、幅15mと規模は小さいが、鳴り砂では古くから知られており砂が乾いているとき踏むと『キュ、キュ』と鳴る事からこの名が付いたと言われております。

▲ページトップへ

唐桑瀬戸(からくわせと) 唐桑瀬戸(からくわせと)

唐桑半島と気仙沼大島の間の海はおだやかで、カキの養殖漁業が盛んなところです。

▲ページトップへ

■ 観 光 施 設
唐桑半島ビジターセンター津波体験館 唐桑半島ビジターセンター
津波体験館

陸中海岸国立公園を訪れた皆様にそのすばらしさについて展示説明する施設です。
全国で唯一の津波体験館では、音響、映像、振動、送風により大自然の脅威をリアルに擬似体験できます。

【お問合せは】
  唐桑半島ビジターセンター(0226-32-3029)
  (毎週火曜休館日)

▲ページトップへ

唐桑御殿(からくわごてん) 唐桑御殿(からくわごてん)

唐桑を初めて訪れた人たちに、まず目に付くのが町内に200軒以上も点在する『唐桑御殿』です。豪壮な入母屋造りが特徴で1年のほとんどを辛い航海で過ごす漁師の誇り高さと、心意気のシンボルとなっており海の町唐桑ならではの歴史が感じられます。

【お問合せは】
 本吉唐桑商工会 唐桑総合支所(0226-32-2622)

▲ページトップへ

ホーム / 商工会のご案内 / トピックス(ブログ) / 関連リンク / お問合せ / サイトマップ
本吉の地域情報 > 昔ばなし / 観光 / 祭り・行事 / 旅館・民宿 / 食事処
  特産品 / 特産品 / 企業紹介 / アクセスマップ
唐桑の地域情報 > 観光 / 祭り・行事 / 旅館・民宿 / 食事処 / 特産品 / レジャー
  唐桑の心 / 唐桑の技 / 唐桑の知恵 / 企業紹介 / アクセスマップ
(C)Copyright Motoyoshi Karakuwa FSCI. All Rights Reserved.